富良野のラベンダー

1995年7月22日のラベンダー

初めて見た富良野のラベンダー畑。当時は国道12号線で滝川へ行き、国道38号線で富良野のコース。野花南辺りは確か空知川の脇に沿って、ずっと行ったように記憶しているが、ある時、綺麗な道になっていた。
最初に行ったのは「ラベンダーのうみ」。当時はWindows95時代、インターネットには未だ接続できなかったので、事前準備が不十分。ラベンダーと言う看板に惹かれて、行っただけ。オー、これが初めて見るラベンダー畑。ラベンダーの色合いも良く、ちょうど見ごろに当たったようだ。

次はファーム富田。当時は未だ抜け道が分からなかったので、富良野市から国道237号線で中富良野町に向かった。ファーム富田近くになると、渋滞が始まった。
この日は平日だったので、この程度で済んでいますが、7月土・日のラベンダー畑は観光客で一杯になるのではないでしょうか。ファーム富田の無料駐車場もすぐ満車状態になるでしょうから、車で行くならピーク時は避けたいものです。

1995年当時の看板。今(2015年)は勿論、2代目か3代目になっている事でしょう。
ファーム富田とラベンダーのうみの看板
  

●ミノルタ α7700i、アグファ XRG100、撮影場所はラベンダーのうみとファーム富田
1995年7月22日富良野市の気象データ(気象庁)

1998年7月16日のラベンダー

3年振りにファーム富田に行って見た。前回はファーム富田の「ラベンダー祭り」の時期に当たったらしく渋滞が激しかったので、1週間早めて見た。コースは札幌→上砂川→歌志内→芦別→富良野だが、この年も未だ道道135 号線が開通していなかったので、今後もこのルートを良く使った。「彩りの畑」でのラベンダーは満開ちょっと前と言う感じだった。

見た目はラベンダーよりポピーの方が、華やかで綺麗。
●ミノルタα7700i、KODAK G400、ファーム富田

2001年6月28日のラベンダー

6月のファーム富田はどうなっているのだろうと思い行って見たが、ご覧の通り、時期尚早。写すべきラベンダーがない。満開だったのは何とハマナス。ハマナスの群生地と言えば石狩浜。ここでお目にかかれるとは意外であった。
このハマナスで香水を作っているのかな?早咲きのラベンダーが少し咲いている程度で全体としては寂しい。ラベンダーを写したいなら6月の時期は止めたほうがいいと思った。


●フジフイルム Finepix 1400Zoom、撮影場所:ファーム富田

2003年7月18日のラベンダー

ファーム富田の「ラベンダー祭り」の時期をちょっとだけ外して見たのが当たった。「彩りの畑」は最高の状態、これ以上のものは前にも先にも無し。
ラベンダーの紫の色がここ10年で一番濃いとの新聞記事があった事はあとで知った。130万画素のFinePixデジカメでもA4サイズ程度なら結構楽しめた。
そんな訳でその後、ラベンダーの画像と言えば、この時のものがメインになった。


●フジフイルム Finepix 1400Zoom、撮影場所:ファーム富田

スポンサードリンク

京都近郊の貸別荘


貸別荘すずめのおやど



スポンサードリンク

↑ PAGE TOP